接骨院とは…??

"身体に不調がある方のための治療院です"

よくこんな質問をお受けします…

・接骨院ってどんなときに行けばいいの?
・どんな人(症状の人)が行ってるの?
・いつ行けばいいの?


などなど…
確かに、接骨院っていつどんなときに行けばよいのかわからない方は多いと思います。
接骨院とはケガを中心とした身体に不調をかかえている方のための治療院です。
たとえば、日常生活やスポーツ中に起きた首・肩・腰・膝・肘・足首等の捻挫や、肉離れ、打撲など幅広いケガが対象です。
美しが丘接骨院ではこのほかにも“骨格調整”“トップアスリートが使っている電療機器” “はり・灸”など、上記のケガ以外にも幅広くトータルに一人ひとりの症状にアプローチしていきます。

詳しくいうと…?

一般に、接骨院とは捻挫・挫傷(筋肉・腱の損傷)・打撲・骨折・脱臼などに対して施術をする場所です。
「柔道整復師」という、国家資格を取得した者が開業します。定められた制度のもと養成機関で3年間、専門知識や技術、基礎医学等を学び、 厳しい国家試験に合格し、厚生労働大臣から国家資格免許を与えられた専門家のことをいいます。
接骨院に似たものに“整骨院”があります。“整骨院”も“接骨院”も名称の違いだけで、同じものです。両方ともに柔道整復師が開業した施術所です。“ほねつぎ”、“接骨院”、“整骨院”などの名称の違いは、開業者の目指しているものや施術理念などによって変わります。

整形外科との違いは…?

治療している疾患は骨折・脱臼・捻挫・挫傷などの外傷(ケガ)ですので同じですが、整形外科は「医師」よる診察・治療ですので、レントゲンやMRIといった精密検査機器による検査や、注射や痛み止めなどの投薬治療、各種電気治療などが中心になります。
私たちも症状の的確な評価を心がけておりますが、整形外科との一番の違いは医学的根拠です。そのため「医師」による診断が必要とされる場合(レントゲン等の画像所見)は提携の整形外科や内科と連携して、その評価を確実なものとなるよう努めております。
もちろん、整形外科で行われている電気療法などの治療でカバーできない歪みの調整など部分は、私たちの手技でバランスを整えることができます。そこが私たち治療家の売りとなっています。

よくある“整体”っていうのは…?

接骨院は「柔道整復師」という国家資格者が開業し治療をします。この国家資格は「医療行為と法律で定められている」ために、保険制度が適応されます。
これに対し“整体”は民間資格です。これらの民間資格は法律で「医療行為」とは定められていません(医療類似行為にあたります)。そのため保険が適応されないのです。
つまり接骨院と整体との一番大きな違いは「保険制度の適応」がされるかどうかなのです。
接骨院における保険による施術は、捻挫・挫傷・打撲・骨折・脱臼などに対してのみ行えます。これに対して整体などは、患者さんの納得のもとならば治療対象に制限がありません。

美しが丘接骨院接骨院では、あなたの抱える身体の不調に対して、症状に合わせた様々な治療法を用いて施術いたします。トータルな治療をご提供できるよう、保険外の施術も充実させております。




セミナーページリンク

あざみ野リンク

宮崎台リンク
マップ
inserted by FC2 system